株式会社スペクトラ・コープ

〒164-0011 東京都中野区中央4-4-5 第一小林ビル TEL 03-5328-2858 FAX 03-5328-2859

高分解能高性能小型分光器 MCSシリーズ

アプリケーション例

MCS UV-VIS
  • 高分解能なプラズマモニター(広帯域)
  • 水銀やアルゴン系光源を使用し液体濃度測定
  • 重水素ランプ使用の分光測定
MCS VIS
  • 高分解能な色・発光色測定
MCS NIR
  • インラインでの果物や食物の糖度・酸度の測定
  • 近赤外非破壊測定内での高分解能分光測定
MCS UV-NIR
  • 高分解能なプラズマ波長モニター(広帯域)
  • 0.3-100umまでの光学膜厚測定
  • 高分解能な光学部品の反射/透過測定

製品仕様

ファイバー仕様 バンドルファイバー
グレーティング フラットフィールドタイプ:248本/mm・ブレーズ:250nm(UV-version)・450nm(VIS-version)・250nm(NIR-version)
精度 波長精度:0.2nm以下・温度ドリフト:0.005nm/℃以下・波長分散:0.8nm・再現性:0.1nm以下
波長範囲 MCS UV-NIR(1024素子):190-1015nm・MCS UV-VIS(512素子):200-620nm・MCS VIS(512素子):360-780nm・MCS NIR(512素子):700-1100nm
半値幅分解能 Δλ素子:2.4nm
クロックレート 100kHz・50サイクルアベレージ
最大クロックレート 2MHz
ダイナミックレンジ ≧215
ファイバー形態 NA:0.2・スリット部:70um×2500um・出射口:0.5mm
ダークノイズ 1-2カウント 標準
感度 1012-1013カウント/WS(A/D 14bitにおいて)
ダイオードアレイ 浜松ホトニクス社製
素子数 512素子・1024素子
素子面積 25×2500um2
取り込み時間 10mm秒
構造 モジュール自体は、セラミックのボディ部に凹面グレーティング・光を入射するスリット・検出器であるフォトダイオードアレイ(512素子・1024素子)固定
S3904-512Q・S3904-1024Q・(S4874-1024Q・S4874-512Q on request)
サイズ 140×105×75mm3
税込価格 MCS UV/UV-VIS/VIS/NIR:¥ 821,880・MCS UV-NIR:¥ 1,198,800
本体価格 MCS UV/UV-VIS/VIS/NIR:¥ 761,000・MCS UV-NIR:¥ 1,110,000

↑ このページのトップへもどる