株式会社スペクトラ・コープ

分光分析の可能性を広げる、スペクトラ・コープはCarl Zeiss社製分光器の日本代理店です。

発光測定アプリケーション

光を用いた分析に使われるハロゲンやキセノンなどのランプ類は勿論、太陽光の計測やプラズマモニター、PDPやLEDの品質評価にも使用出来ます。
小型で環境変化に対応しているデザインは、オンラインでの計測へと可能性を拡げます。

超小型分光器という検出器がモールド内蔵された光学系ユニットは、入射してきた光を波長ごとに分けてその波長成分を分析する構造となっております。手軽に各アプリケーションに取り込める、超小型分光器「MMSシリーズ」を使った新しい分光分析をぜひお試し下さい。
光といっても、輝いているサンプルから直接光を検出するアプリケーションもあれば、反射や透過など間接的に光を検出するアプリケーションもあります。ファイバーで光を取り込む事により、工場内での品質管理のオンライン化、顕微鏡などとの接続による半導体関連やバイオ関連での分析評価、環境関連での太陽光のモニターなどその用途は場所や環境を選びません。
分光器自体の感度波長は、紫外領域の190nmから赤外領域の2200nmまで。これらの波長を全ラインアップで網羅し、ご希望対象波長に対応出来るようにしています。今までのご使用例は上記にご紹介した以外では、プラズマモニターや各種ランプの品質管理、CRT・LED・LCDやプラズマディスプレイの品質管理などが実績として挙げられます。

↑ このページのトップへもどる