株式会社スペクトラ・コープ

分光分析の可能性を広げる、スペクトラ・コープはCarl Zeiss社製分光器の日本代理店です。

色測定アプリケーション

可視光波長領域を分光分析して色情報を検出すれば、今までの色測定より数段上の非接触測定が可能となります。

身の回りの様々なものに着色がされています。色測定いうと紙やインキ、塗料といった対象が想像されがちですが、実は食品や薬品、化粧品や人体の肌など、その測定対象範囲は無限になっています。
これら等の様々なサンプルを対象とした時に、光を使用した非接触の測定がその特徴を発揮します。
ハロゲン光を中心とした光で、測定サンプルからの反射及び透過光を超小型分光器の検出素子(256素子)で分光検出すれば、1回のスキャンで可視光領域のスペクトル情報を得ることが可能です。
256素子というマルチアレイ構造ですので可動させる箇所は一切無く、コンピュータに専用インターフェースボードを差し込めば、後はオプションのソフトウェアで色度座標x,y、三刺激値X,Y,Z、色空間L*a*b*、L*u*v*、条件等色係数、色差などを測定出来ます。
超小型分光器自体の大きさが約70×60×40mm3なので、現在お使いのライン施設のモニター用やOEM組み込み用途に非常に簡単に取り付けられます。入射方式は光ファイバー(バンドル:240mm)ですので、様々な環境上でサンプルからの光を取り込めるようになっております。

↑ このページのトップへもどる