株式会社スペクトラ・コープ

分光分析の可能性を広げる、スペクトラ・コープはCarl Zeiss社製分光器の日本代理店です。

小型NIR分光器センサー NIR Meter

小型NIR分光器センサー NIR Meterは、近赤外域900~1700nmを対象に米国T.I社のDLP®テクノロジーを用いて分光スペクトルを測定する小型NIR分光器センサーです。 入射口はサンプル光を直接入射するウィンドウに加えて、標準付属されるSMAアタッチメントを取り付けることで光ファイバー接続も可能となっております。 標準ソフトウェアでは、データタイプとして相対強度[count]及び、反射率[%]/透過率[%]/吸光度[Abs]などの各種測定を行うことが可能で、 二次微分・平滑化・波長補間などのデータ処理も充実しております。 また、受光ウィンドウの両側面に反射測定用のランプが内蔵されており、外部光源を用意することなく本分光器センサー単体で反射測定を行うこともできます。 さらに、別モデルとして1350~2490nmを対象とした分光器センサーの用意もございます。

特徴

  • DLP®テクノロジーを用いて、これまでにない低価格を実現
  • 近赤外対象900~1700nm
  • 浜松ホトニクス社製InGaAsを採用
  • S/N比6000:1の低ノイズ
  • 電源供給はUSBバスパワー
  • 反射測定用ランプ内蔵
  • 入射口はSapphireウィンドウ/SMAコネクタ切替え式
  • 迷光除去用の885nmロングパスフィルター内蔵

使用アプリケーション

  • 拡散反射測定
  • 光フィイバーを介した各種近赤外分光測定

製品仕様

分光方式 回析格子, DLP®Micromirror Array
受光素子 InGaAs
対象波長範囲 900~1700nm
半値幅分解能 10nm typ.
S/N比 6000:1
内蔵ランプ タングステン,1.4W typ.
入射口 Sapphireウィンドウ,SMAコネクタ
インターフェイス USB
電源供給 USBバスパワー
サイズ W100xH50xD77mm
重量 300g
本体価格 オープン価格
※DLP®はテキサス・インスツルメンツ社の登録商標です。

↑ このページのトップへもどる