株式会社スペクトラ・コープ

分光分析の可能性を広げる、スペクトラ・コープはCarl Zeiss社製分光器の日本代理店です。


 

小型高分解能分光装置 Solid Lambda

測定現場で簡単に高分解能分光測定が可能になりました。面倒なメンテナンスが要らない小型分光装置で、お手持ちのノートPCにインターフェースをして測定準備完了です。

各モデル製品仕様

モデル Solid Lambda UV-NIR Solid Lambda UV-VIS Solid Lambda VIS
対象波長 190-1015nm 200-620nm 360-780nm
半値幅分解能 2.4nm 2.4nm 2.4nm
波長精度 0.3nm 0.3nm 0.3nm
波長分散 0.8nm/1素子 0.8nm/1素子 0.8nm/1素子
波長温度依存 <0.005nm/℃ <0.005nm/℃ <0.005nm/℃
検出リニアアレイ 1024素子 512素子 512素子
インターフェース USB2.0 USB2.0 USB2.0
税込価格 ¥ 2,095,200 ¥ 1,663,200 ¥ 1,663,200
本体価格 ¥ 1,940,000 ¥ 1,540,000 ¥ 1,540,000
モデル Solid Lambda NIR Solid Lambda NIR 1.7t1 Solid Lambda NIR 2.2t2
対象波長 695-1100nm 960-1690nm 1000-2150nm
半値幅分解能 2.4nm 5nm 16nm
波長精度 0.3nm ±0.6nm ±0.6nm
波長分散 0.8nm/1素子 1.5nm/1素子 5nm/1素子
波長温度依存 <0.005nm/℃ <0.002nm/℃ <0.012nm/℃
検出リニアアレイ 512素子 512素子 256素子
インターフェース USB2.0 USB2.0 USB2.0
税込価格 ¥ 1,663,200 ¥ 4,298,400 ¥ 4,914,000
本体価格 ¥ 1,540,000 ¥ 3,980,000 ¥ 4,550,000
スペクトル幅が狭い発光を測定したい
広帯域な測定波長の中に複数のスペクトルのピークが起こる場合、分解能以外にも測定波長域における収差や、S/N比をどれだけ細かく検出出来るかというAD分解能も問われてきます。専用真空フランジ等にファイバーを接続すれば、ソリッドラムダの高い波長分解能でプラズマチャンバー内のプラズマモニターも簡便に行えます。
測定精度の質を向上させたい
温度依存が強く存在する近赤外領域の精度を上げるため、内部冷却機構を装備しております。
Excelフォーマットで測定値を自動保存
お手持ちのPCにUSBインターフェースを装着し、測定サンプルの反射、透過、吸収スペクトルを、その場でCSV形式で自動保存します。
ソフトウェアからの制御でON/OFF切り替えが可能
内蔵光源に電磁シャッターが付いており、ソフトウェアからの制御でON/OFFの切り替えが可能です。これにより、光を入射したままでの暗電流の測定が可能となっております。
5種類のモデルをご用意
シリコンアレイ検出器を使った紫外~近赤外(190-1015nm)タイプと、冷却したInGaASアレイの近赤外(900-1700nm)タイプを中心に、6種類のモデルをご用意しております。

↑ このページのトップへもどる